読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きついオタク向け、限界オタクのお前ほんまきついボタン

キモオタスイッチについて

みなさん、知り合いに、キモオタっていますか。

例えばtwitterとかで

こんなツイートをしていたり。

こんなツイートをしている人を見かけたことはないでしょうか。

このツイートは僕のものなんですが、まわりの人たちも、なかなかにきついツイートをしている現状があります。

「今後、このようなキツいツイートは一切やめて欲しい」

f:id:flying_hato_bus:20170325102612p:plain

他の人にTwitterの画面を見せたり、通知欄にツイートが流れて来たりと、色々な画面でこのようなツイートを見ることがあるかと思います。 そのときに、他人から「この人がフォローしている人が、こんな気持ち悪いツイートをしてる、この人も同じようなツイートをしているんじゃないか?」 と思われ、好感度が下がる原因にもなってしまいます。そこで、そんなツイートしている人に

「お前のその気持ち悪いツイート、ちょっと考えたほうがいいと思う」

って他人に言いたい時、ありますよね。僕は日に8回くらいはそう感じ、周りの人間から10回以上毎日言われています。

けど、直接言うと、なんだか波風がたちそう。

面と向かって話すと、そのまんま僕の色々なものが失われそう。

そう言う時にこちらの「キモオタスイッチ」です。

キモオタの方に、そこはかとなく「お前のツイート、気持ち悪すぎ、その年でするツイートだとは思えない」と伝えることができます。

仕様

使用している言語はpython2系統。python3で描きたかったのですが、あいにく手元のマシンに入っていたのがpython2系統だけだったのでpython2系統になりました。そこまで変わらないので、コメントの方にpython3系統で使用するときの補足を書いておいたのでそちらをご参考ください。

僕が使っているマシンは、世間一般の人から見るといけ好かない奴が使っているPCで一番に君臨する、Macbook Proです。

デフォルトで最初からpythonが入っていて、僕の場合は python2-2.7 でした。pythonのバージョン確認ですが、 python -V などのコマンドで確認できるので自分のpythonのバージョンが2なのか3なのかをきちんと確認してからコーディングをしましょう。

使用するライブラリは matplotlib.pyplot と Tkinter、前者は画像の出力のために使用します、後者はボタンの設置のために使用しました。実際はTkinterだけで完結するっぽいです。


Sample

# -*- coding:utf-8 -*- 

import matplotlib.pyplot as plt
from matplotlib.image import imread
import Tkinter 
  
img = imread('kimootaku.png') 
#カレントディレクトリに煽り画像(.png形式でないとエラーが出ます)を入れておき、ここで使用

def on_clicked(): 
     plt.imshow(img)
     plt.show()
#この二行で全てが解決する
               
window = Tkinter.Tk()  #ウィンドウ上にボタンを作る 

label = Tkinter.Label(window, text = "お前ほんまきついって時に押してください") 

#ここの文字を変えればウィンドウに出てくる文字が変わります

label.pack()  

button = Tkinter.Button(window, text = "お前ほんまきつい。", 
                        command = on_clicked ) 
#ボタンに表示させる言葉です

button.pack() 
                
window.mainloop()

これを動かせば、pythonファイルと同じディレクトリに存在する kimoota.png という画像を呼び出して、画面に出力ができます。 エラーが出ると言う人はきちんとpngファイルが存在するかどうか、ライブラリはインストールされているかなどを確認しましょう。

python3系統を使っている人はTkinterのTを小文字のtにしないとエラーが出るので注意してください。

これを実際に動かすとこんな感じに動きます。

View post on imgur.com
imgur.com

このgifを送ることによって、相手にそこはかとなく気持ち悪いという感情を送ることができます。

Twitterで実際にやった結果がこちらです

f:id:flying_hato_bus:20170325104843p:plain

実際にキツいツイートが見ることができなくなったので、TwitterのTLが綺麗さっぱり健全なものになりました。

ちなみに、この世界にはネタをネタと素直に受け取ることのできない人種がいます。中高生のオタクになりたて、日が浅いオタクやいっつも炎上を狙っているクソみたいな人、ネット上ではこれでもかと発言力のある人。このような人たちにこのgifを送ると、あっという間に鬼の首をとったように騒がれ、Twitter上でストーカーが始まったりします。用法容量をきちんと守って使いましょう。

友人がそのようにして見事に撃沈しました。今ではアパートのチャイム音でさえ恐怖におののいています。

ネタをネタとして楽しむことができる人に、これを送ってあげましょう。

それでは。


補足

プログラムを走らせてから出てくる画像なのですが、ある程度バリエーションを持たせることができます。png形式のファイルでしかいじれないのですが、プログラム中で書き換えることにより、このように全国にいる相楽さんに向かって喧嘩を売ったりすることができます。

View post on imgur.com
imgur.com

今回のプログラムなのですが、GitHubにも上げています。実際にこのプログラムを書くのは面倒だって人は、ここからコピーしたりすればいいんじゃないですかね。

github.com